リートとは不動産に投資して利益を得る投資法である

購入するメリットと種類

お金

国債とは、国が発行している債権のことをいいます。正式名称は国庫債券といいます。債券というのはいわゆる借金のことを指します。この債券を国が発行することで、投資家に国債を買い取ってもらってお金を借りているというシステムになります。この国債で国が様々な機関を運営していくために必要なお金や銀行、保険会社や証券会社などを賄っているのです。国債は政府だけでなく個人や一般団体から購入することも可能です。銀行や保険・証券会社などから国債を買取り、利用することもできるのです。国債を購入した場合には、借用書が発行され、最大5年まで保有しておくことが可能となっています。5年間の間に年に一度か二度の利子がつく決まりになっており、保有している期間はその利子を受け取ることができる仕組みになっています。借用書に記載された期限が満期に達したら、国債を購入したときの資金が戻ってきます。国債は定期預金と同じような感じで、投資したら利子がついて後に購入時の資金が返ってくるという仕組みになっているのです。

国債にはいくつか種類が存在します。その種類によって金利の高さや元本保証が変わってきます。国債の種類には満期による区分のものと、利子の支払い方法と満期時の資金返還による区分という方法があります。満期による区分は、国債の満期の期限の違いで区分される国債の種類です。証券会社などで発行されている通常の利付国債には満期の種類が3つあります。2年満期、5年満期、10年満期の種類です。また個人向けの国債は3年満期、5年満期、10年満期となっています。この満期の機関の違いによって区分されているのです。10年満期が長期国債と呼ばれ2年以上10年未満のタイプが中期国債、1年以下のものが短期国債という呼ばれ方をしています。また利子の支払い方法と資金の返還方法の違いによる区分は、文字通り国債を購入した人が支払う利子の支払い方の違いや満期完了時に返還する資金の返還法の違いによって区分されるタイプになります。国債のなかで最も利用者が多いタイプのもので一般的には利付国債と呼ばれています。利付国債には金利の変動により利子の額が変わる変動利付国債と、低価格で購入して満期の資金返還時に額面相当額を支払う割引国債というタイプもあります。このタイプは利子が付きませんが、購入価格と返還される額の差が利益になるという点もあるのです。