リートとは不動産に投資して利益を得る投資法である

購入するメリットと種類

お金

国債とは国が発行を行っている債券のことです。債券は借金のことで、投資家などに債券を購入してもらい銀行や保険、証券会社などに使われます。国債には種類があり、満期の期間ごとに区分されるのと利子などの支払い方法で区分されます。

詳細へ

具体的な始め方

グラフ

バイナリーオプションを始めたいときは、まずバイナリーオプションを取り扱っている業者のほうに自身の口座を作ることが必要になります。口座はホームページなどから簡単に作ることができます。口座ができたら入金をして取引開始です。

詳細へ

会社の歴史と便利な機能

お金

企業が株主、投資家に向けて会社の経営管理や財務関係のことをアドバイスしたり必要な情報を提供したりすることをIRといいます。このIRの活動を行っている代表的な会社がインベスター・ネットワークス株式会社という会社です。

詳細へ

仕組みと種類

ビル

リートとは正式名称がリアルエステートインベストメントトラストといい、その英語表記の頭文字をとったもののことです。このリートとは、投資信託の一つです。投資家などから集めたお金を不動産に活用して運営し、その不動産の賃貸費用をまた投資家に支払っていくという仕組みになっています。リートは日本では別名ジェイリートとも呼ばれ、投資方法の一種として利用されています。不動産投資法のなかでも比較的低価格から開始することができるのでも評判が高い投資方法となっています。1960年代にアメリカで生まれ、2001年に日本にも進出しました。月日が経ちリートの内容も日々進化を遂げています。リートの種類や仕組みについて理解していきましょう。

リートには大きく分けて二種類のタイプがあります。まずは契約型と呼ばれる投資信託というものです。投資信託は、通常の投資信託と同じような内容となっています。証券取引所などで取り扱われていないリートをこの契約型の投資信託で上場していくという形になっています。この投資信託は主に日本国外で採用されている方法です。そのほかには会社型と呼ばれる投資法人があります。投資法人というのはリートのために特別に法人を設立し、不動産への投資を行っていく方法になります。日本で行われているリートは全てこの投資法人という方法になります。リートとはこういった方法を活用して投資していく不動産投資法なのです。リートの仕組みとしては、まず投資法人を設立し、その法人を通じて不動産の運用や賃貸費用から投資家に資金を分配していくという流れになっています。リートは投資家から資金を集めるほかにも銀行やそのほかの金融機関から徴収することもできます。そういった機関から徴収した資金を活用して不動産に投資をしていきます。リートとは、投資家が不動産法人に出資して法人が不動産から得た利益を投資家に向けて分配していくことで投資の利益が得られる一般的な不動産投資法なのです。